RMKリキッドファンデーションの口コミ【20代後半 女性】

私は20代の前半ころからずっとリキッドファンデーション派です。

 

パウダーだと崩れがすごく気になったし、カバー力も私の肌では隠れないなと思ったのがきっかけでした。

 

そしてその頃から評判が高かったRMKを試してみることにしました。

 

私が肌で気になるポイントはTゾーンのテカリと毛穴の黒ずみ、それにシミそばかすでした。

 

RMKで購入したのはUVクリームとリキッドファンデです。

 

初めて使用してみてビックリしました!

 

パウダーでは隠れ切らなかった毛穴の黒ずみや赤みが目立たないんです。

 

口コミなどでは薄付き過ぎるのでカバー力はないとの声も多いですが、パウダーに比べたら高いと思ったし、厚塗りしている雰囲気は出ないしのでナチュラルメイクの人にはおススメです。

 

リキッドのみの使用でもオッケーですが、その上からRMKのパウダーをハケで抑えるとより自然な肌に見えますよ。

 

シミとかニキビ跡などを隠したいけど厚塗りは嫌だという方にはこの商品は良いんじゃないかなと感じます。

 

私はRMKが自分の肌に合っていると思いましたが、いまは本当にたくさんの優秀なリキッドファンデーションが出ているので、カバー力や薄付きなど重視したいもので自分に合ったアイテムを見つけることがキレイな肌への第一歩だと思います。

 

RMKはどちらかというと薄づきな仕上がり

RMKのリクイドはこれまで試した中では一番よく伸びるなと思いました。

 

できあがりは薄づきですのでナチュラルな色にしたい時は迷わず使います。

 

ただカバー力はあんまりないので自分の肌の調子が冴えない時はかえって肌荒れが目立つ気がします。

 

リキッドなのにさらっとした感じもあってこんなに軽いのは珍しいくらいで、もったりした感じが苦手な人にはすごい合うと思います。

 

RMKの色は201と203を使っていますが、リキッドにしてはやや暗めのカラーが充実しているのでもう少し明るめやピンク系の色が増えるといいなって思っています。

 

このアイテムに限らずRMKの容器はシンプルでカッコイイのでポーチに入れて持ち歩いていても化粧直しの時に恥ずかしくありません。

 

これできっちりベースが出来上がってくるって感じで化粧のりが違ってきます。

 

ただ、私の場合はテカリが出るので、すぐ化粧直しができる所などに出かける時はこのリキッドだけにして後からパウダーを足す感じです。

 

薄づきなだけに激しく崩れてくる事はまずないのでパウダーだけの化粧直しで大丈夫です。

 

今の所はこのRMKで十分だと思いますが、40代の後半になったらもうちょっとカバー力のあるものに変えないと地肌の弱り具合がはっきり出てしまうような気がしています。

 

少量で顔全体に伸びてくれて割りと長持ちするので30mlで4515円とコスパ的にはまぁまぁかなと思います。